オートアラーム、カーセキュリティの簡単用語解説

簡単用語解説集

チュリップ音
アーム(セキュリティON)、ディスアーム(セキュリティOFF)の時に出る確認音。
バレーモード
セキュリティ機能を一時停止させる。点検修理や車を預ける時などはこのモードに。
発報
セキュリティーシステムがサイレンを鳴らすこと。
警告音
センサーが反応し、セキュリティが動作中である事を音で周囲にアピールすること。
ショックセンサー *メーカーにより名称が異なります
車体に対する衝撃を感知。強い衝撃で「発砲」、軽い衝撃で「警告音」を鳴らす。
レーダーセンサー *メーカーにより名称が異なります
車両周りにバリアを張るセンサー。車両内側のバリアで「発砲」、外側で「警告」します。
オートアーミング
リモコンを使わなくても、エンジン停止しドアを閉めるとセキュリティが作動する設定。
バックアップサイレン
オプションの強化型サイレン。バッテリーを内蔵しているので、電源の供給を切断されてもサイレンは一定時間鳴り続けます。
ボンネットスイッチ
ボンネットをあけられた場合、発砲するために取り付けるスイッチのこと。防水型などが用いられます。バッテリーとサイレンを守るために設置します。
スターターキル
合鍵でもエンジンを始動出来なくさせるシステム。キーシリンダー破壊による盗難に有効でイモビライザーと同時使用により、より効果的。
UXチャンネル
トランクオープナー、ウインドウコントロールなど独立した指示をリモコンのボタンで行えます。これにより一つのリモコンで車を便利に使うことができます。
ライトフラッシュ
アーム、ディスアームの時に出る確認音です。システムによって特徴があります。